☆ こんな サイトにも ジャンプ! ☆



癒しや共感、求めている人に。。。

眠れぬ夜にココロの散歩


童話ちっくな物語 次のページがクセになる。

ひつじティック・エピソード


よくみりゃ気になるこんな商品ショッピング。

チョキ! ネットだからイイんだってばぁ〜




2011年04月22日

葉っぱ。

社内にたくさん葉っぱがついた観葉植物がある。
名前は知らないが水草でも生きていけるものらしい。
長く置いてありあまり成長してもいないようだったが、半年ほど前に土を入れ替えてから随分と元気になった。
外からの光が入る玄関の窓際に置いたところ、これまでにないくらい葉っぱも大きく、そしてつややかになった。
所狭しという言葉がぴったりなくらい葉の量も増えた。

気がつくと、光がより多く当たる窓側の葉っぱは大きくて、屋内を向いている葉っぱは小さい。
なるほどなるほど。
小学校の理科の実験を思い出し、試しに意地悪をしてみた。
植木鉢の位置を180度を変えたのだ。
つまり大きい葉っぱを屋内側に、小さい葉っぱを窓側に。

すると、窓側になった葉っぱは大きくなってきた。これは予測どおりのことだ。
屋内側となった葉っぱは、どうなるのか注目であった。
なんと、
大きく横に広がっていた葉っぱたちは、葉の先端を真っ直ぐ空にむけるように立ち上がり始めたではないか。葉の表面に光を受けるために、体を起こすようにしているのだ。茎の根本から直立しようとしているその姿は、まるで一本の木みたい。

何とか光を集めようとしているその生きる力に圧倒されたのだった。
ラベル:植物
posted by ほろりん at 10:29| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。