☆ こんな サイトにも ジャンプ! ☆



癒しや共感、求めている人に。。。

眠れぬ夜にココロの散歩


童話ちっくな物語 次のページがクセになる。

ひつじティック・エピソード


よくみりゃ気になるこんな商品ショッピング。

チョキ! ネットだからイイんだってばぁ〜




2011年03月20日

3月20日 被災者の受け入れ・沖縄〜被災地への荷物が送れなくて

全国で被災地の方々の受け入れへの動きが出てきている。
一時的な避難になる人、長期的避難になる人、それぞれあるだろう。
神奈川県では4万人を受け入れる予定とのこと。
沖縄県は受け入れを1万人規模で行おうとしている。
沖縄に来る人に、何かできることがあるだろうか。
せめて、話し相手くらいにはなれるだろうか。
東北から遠く沖縄の地に来た方々の心細さ、わからなくはない。
全く違う気候、全く違う食べ物、方言、風習。最初のうちは楽園への移住ととらえることも出来るだろうが、生活の違いをそのうちに感じるはず。
そして郷愁の思いは、まるで海外へ来たかのごとく感じるはずである。僕がそうであったから。
そんなときの話し相手など、その程度でもやれれば、心の癒しになるのではないかと思っている。
沖縄県のお動きを注視したい。

仙台泉区の弟の所では、被災から数日間食べ物がなかった。宅配便も被災地への配送はストップしていたため、物資を個人的に送ることは出来なかった。
でも何か、少しでも届けられないものか…。
調べてみると、郵便物は定型内の封筒サイズであれば、送付を受けているとのこと。
さっそくスーパーに行き、定型封筒に入る平べったくて小さい食べ物を探した。腐ってしまうものはいけない。乾物、ドライフルーツなどで封筒に入る大きさのものを買い、5袋分を郵送してみた。
そろそろ届いている頃ではないだろうか。
まあ、その後、仙台でもスーパーが営業し出したため、用をなさないかもしれないが…。
posted by ほろりん at 14:18| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。